有酸素運動の意味を理解する



体重を少しでも減らしていくにはエアロビクスなどのエクササイズを行うことが何よりもお勧めです。 なぜこのトレーニングが効果が有効なのかと言うと、体内の脂肪を燃焼させることを促すために必要だからです。 どうしても血液中に酸素を多く取り込むと、血流が劇的に良くなります。 体温全体を上げることができます。 また、定期的に体を動かすことで脂肪が必要なエネルギーとして徐々に消費されていくのです。 そして体温があがっていけば脂肪が燃える力にもなります。 結局はこれは室内でのエアロビクスやサイクリングなどがかなり良くなります。 今のダイエットにこれが最適なのです。 これらの所謂オーソドックスな種目はプールでの水泳や自転車こぎです。 または段階的にはランニング等の激しい有酸素運動が良いといわれています。


運動不足が病気を招くので注意



高齢者の方にどうしても安全面を考えると自転車こぎやランニングは危険です。 生活習慣病や外科的なの持病の関連で激しい運動がNGと言う方もいるでしょう。 穏やかにウォーキングをすることでもしっかりエクササイズにつながります。 それは、初心者も特に気にせずに安心なさってくださいね。 ウォーキングを行う場合は、若干急ぎ足で、ペースと歩幅を大きく保ちながら胸を張って歩くことが本当に必要です。 定期的な水分補給を行いながら1時間程度は速度を保ってゆっくりと慎重に歩くようにしましょう。 好きな音楽を聴きながら自由気ままに近所を歩いたりしまうのです。 また、結果このような通勤手段を徒歩やマウンテンバイクの自転車に変える等でも、数字はかなり一気に変わってくることでしょう。 大きく深呼吸をしながら腕を振って歩くことで、更に体に十分に高濃度の酸素を取り込むことが簡単にできますので、体脂肪がしっかり燃えてくれることでしょう。 ウォーキングを行う際に、両手に350〜500mlの飲料ペットボトルに水を入れたものを重さとしてウェイト代わりに持つこともお勧めです。 このように腕を大きく振ることで連動して二の腕を引き締める意味のあるダイエットにも上手くつながりますよ。

TOP
香り
おいしく食べる
精神的